読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

もし私が月100時間残業したらどうなるのか想像してみた

トピック「残業」について

 

ひと月の残業時間が80時間とか100時間とか300時間とかいう記事を読んで、もし私が月100時間残業したらどうなるのかなぁと想像してみました。

 

まず、怒られますね。

三六協定で、ひと月の時間外労働は40時間までとなっているので。

いや、月半ばにタイムカードのチェックが入るので、その時点で怒られて、100時間も残業できないでしょうね。

 

ちなみに、実際の時間外労働は月20時間前後です。

こっそり抱いている目標は15時間なんだけど、繁忙期は20時間超えてしまいます。

 

月平均20日間勤務だとして、1日1時間ぐらい残業してるのかなと思われそうですが、いえいえ、普段は定時ダッシュを心がけてますよ。

残っても、退勤時刻直前にきた電話やメールの応対をして、せいぜい20〜30分ぐらい。

 

じゃあ、なぜ月の時間外労働が20時間前後になっちゃうのか。

私は定時だと8時半〜17時半、内休憩1時間の8時間勤務なんですが……

大きな理由は、毎月4日間ほど、どうしても8時間労働でこなせない業務があるんです。

 

  • 1日目…8時半〜18時半(時間外1時間)
  • 2日目…7時半〜22時(5時間半)
  • 3日目…7時半〜18時半(2時間)
  • 4日目…7時半〜18時(1時間半)

 

4日間の時間外労働が10時間、つまり20時間前後の半分をここで稼いでるわけです。

なので、ほかの日は定時ダッシュを心がけているけれど、そうもいかない日があったりして、15時間で収めるのが難しい状況です。

 

例えば、残業月100時間って、1日平均5時間×20日間ですよね。

2日目みたいなのが20日間って想像したら……気分悪くなってきました。

13時間働いて、翌3日目は気合いだけで乗り切って、4日目なんて頭はクラクラ、目が死んでると言われて、いっそ倒れたいと思ってしまうので。

余談ですが、この4日間はトイレに行く時間もなかなか取れず、乗り切ったあとに膀胱炎と腎盂腎炎でダウンしたこともありました。

そんなわけで、私には、現状の月20時間残業が限界だと思います。はい。

 

社畜診断 ~あなたに潜む社畜の真実~

社畜診断 ~あなたに潜む社畜の真実~

  • Tadaomi Kageyama
  • エンターテインメント
  • 無料

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

広告を非表示にする