三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

カオスな押入れを片付けました

今週のお題「年内にやっておきたいこと」

 

私の部屋には押入れがあります。
和室にあるような大きい押入れの半分ぐらいで、扉も観音開きです。

私の母は掃除魔、片付け魔で、見える場所に物が置いてあるのが嫌いみたいで。
私が実家を出た後、部屋に置いていたものを押入れに全部押し込んでくださいました。

それから数年後、私は実家に出戻ったわけですが。
とりあえず、押入れ上段にぎゅうぎゅうに押し込まれていた物の一部を処分しました。
下段は冬の布団や季節外れの衣装ケースが置いてあり、そのまま。

私が戻ってきて、また私が使っている部屋なのに、仕事に行っている間に掃除をしてくださる母。
掃除の邪魔だからと、床に一時置きしているものを押入れに押し込んでくださいます。
勝手に触られるのは嫌だし、勝手に移動させられると所在不明になってしまうので、母が掃除する前に片付けておかないといけません。
しかし、私も忙しいときがあり、隠すように押入れに押し込むこともあり。
数年かけて、カオスな押入れが出来上がりました。

度々、気になってはいました。
片付けないとなー。
でも、面倒だなー。
母の口癖「あんたが死んだら誰が捨てるの?」が頭をよぎります。
ちなみに母も相当な物持ちなので、そっくりそのまま返してやりたいと思っています。

先日、どうにもこうにもスッキリしたくて、やっと手をつけました。
いちいち悩むと面倒なので、使っていないものはほとんど処分。
結果、可燃ゴミが30L×1袋、不燃ゴミが45L×1袋+30L×2袋、CD177枚はブックオフへ(2,900円でした)。
半分サイズの押入れ上段だけで、不要なものがこんなにあったんですね。

今は空間ができて、ガランとして、スッキリしてます。
昔の私だったら、空間の存在が許せなくて、隙間ができないように物を詰め込んでいましたが、今の私は空間なんて怖くない、むしろ好き。

 

で、お題の「年内にやっておきたいこと」なんですが、

カオスな押入れはあと二つあります。
旧・私の部屋(現在は物置部屋)と息子の部屋です。
このうち、物置部屋のほうに手をつけたいと思っています。

 

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法

 

まだカオスな押入れが残っているので、あした死ぬのは困るけど。
今のうちに生前整理しておきたいです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

トラコミュ
・スッキリさせた場所・もの
・断捨離♪

広告を非表示にする