読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

さよなら、ホームベーカリー

今日は不燃ゴミの年内最終回収日。
お世話になったホームベーカリーを思いきって出しました。

家でパンを作る生活に憧れて、フェリシモで材料のセットを買ったものの、もともと料理が苦手で不器用な私には、生地を捏ねたり発酵させたりがイマイチ掴めず。イマイチなものが出来上がり、私にパン作りは無理だと諦めました。

それからしばらく経ったある日、テレビの情報番組で、ホームベーカリーが取り上げられてたんです。
ホームベーカリー=パン作り機=パン作りは難しくて面倒=私には無理=必要ないと思っていたのに
「材料を入れてスイッチを押すだけ」って言うじゃありませんか。

すぐにAmazonで注文しちゃいました。

エムケー精工のふっくらパン屋さん。
(私が購入した製品は販売終了してます)

届いたその日に早速作ってみました。
焼き上がったときの、家中に漂う香りが食欲を刺激します。
そして、焼き立てパンの美味しいこと。
夕食後にも関わらず、一斤まるごと食べてしまいそうになりました。

デメリットは、生地を捏ねている間の動作音がかなりうるさいこと。
餅つき機と同じような感じです。
私としては、就寝前に材料を入れて、翌朝焼き上がるようにタイマーをセット、つまり寝ている間に作りたかったのですが、キッチンの隣室で寝る母から反対の声が。
仕方なく、金曜日の夜に焼き上げ→カット→土日の朝食に食べるという流れに。

当時の私は、16時上がりのパートタイマーでした。
だいたい16時半頃に帰宅してすぐセットするんですが、約5時間かかるコースを選んでいたので、焼き上がりは21時半過ぎ。
粗熱をとって、カットするのが22時〜ぐらい。
寝るのが遅くなるし、焼き立てパンを食べられないのは残念だけど、焼き上がったときの香りと、膨らんだパンと対面したときの嬉しさには代えられず。
何より、いろんな味のパンを作るのが楽しかったんです(形はどれも同じだけど)。

ところが、フルタイムパートの仕事に転職して、帰宅時間は定時ダッシュしても18時ぐらい。
そこからセットすると、焼き上がりは23時過ぎになってしまいます。
というか、帰宅してすぐセットする余裕はなく…
さらに、息子が中学生になり、土日は部活があるので、朝食はパンよりご飯のほうがよくなり…

そんなわけで、最後にパンを作ったのはいつだったか思い出せないぐらい、もうずっと作ってません。
焼き上がったパンを写真に収めて、Instagramに投稿したり、ラベル用紙に印刷してほぼ日手帳に貼り付けたり、楽しかったな。
だけど、作らなくなってからは、ホームベーカリーを見るたびに「使ってない」ことが気になり、胸がチクチクしてました。
母から時折「もう使わないの?」と突っ込まれるのもストレスでした。

またいつか、時間と気持ちに余裕ができたら使うかもしれませんが、来月なのか半年後なのか一年後なのか、そもそもそんな日が来るのか、今の私には何とも言えません。
その日が来るまで収納しておくスペースもありません。
ここは思いきって処分することにしました。

2009年1月に購入して以来、
料理が苦手で不器用な私にパン作りの楽しさを与えてくれてありがとう。
寿命まで使い続けられなくてごめんね。

私みたいに、手ごねパン作りはハードル高くて無理だけど、自宅でパンを作りたいと思ってる方に、ホームベーカリーはおすすめです。
料理が苦手で不器用な私でも使えましたから。

今日はこのほか、CD-MDラジカセ(1997年購入)、DHCの美顔器(購入年不明)、置き時計(1989年に頂いた)も処分しました。

こんな記事も書いてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・断捨離♪
・収納・片付け
・すっきり暮らす

広告を非表示にする