三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

「断捨離パンダのミニマルライフ」を読んで

おはぎさんのコミックエッセイ「断捨離パンダのミニマルライフ」を読みました。


購入したのは3月15日・・・ひと月以上経過してますね(^^;;

おはぎさんを知ったのは、私服の制服化について検索したのがきっかけです。

マイナビニュースのこのコラムにたどり着いたんです。
マンガと文章で分かりやすいな〜と思って、それ以来、更新をチェックしています。


「断捨離パンダのミニマルライフ」は、マイナビニュースに連載されているコラムの書籍化で、見開きの右ページがマンガ、左ページが文章という構成になっています。
マンガを読んでいって、興味のある内容は文章もじっくり読んでみるという感じで読み進めることができました。


私はミニマリストやミニマルライフを目指しているわけではありませんが、心地よい暮らし、身軽な生き方を目指して断捨離を進めています。
そんな私が読んで気に入った箇所を挙げてみます。

面倒くさがりだからこそ部屋をスッキリ

これは断捨離を始めてみて実感しています。物がないと、掃除が楽です。物をどかすのが面倒だから置いておきたくない、という気持ちになります。

1回の苦労で一生快適

そうだろうなぁと思います。ただ、私の場合は物が多すぎて、時間が足りなくて、両手首が腱鞘炎になってしまって、1回で終わらせることができませんでした。中途半端になってしまっているので、1日1捨でコツコツやっています。

断捨離で自分に本当に必要な物が見えてくる

以前は「評判がいいから」「人気商品だから」「有名人が使っているから」「便利そうだから」などといった理由で、自分に必要かどうか深く考えずに買い物をすることが多かったです。
物を手放す・残すという作業を経験することで、大事な物が分かってくるんだと思います。

保留はよくない、捨てられない物は「必要な物」

処分するかどうか迷ったら保留箱に入れておく、という方法がありますよね。これは合う・合わないがあると思います。
私の場合は、保留箱に入れると忘れてしまいそうです。
ただ、捨てられない物は必要な物と考えるというのはホッとしました。
いまだに捨てられない、ハンドメイドアクセサリーの材料たち。今の私にはまだ必要だと考えることにします。

部屋着をやめる

これは、パジャマ以外で人前に出られない服装は必要ないということです。
外出の予定がない休日も宅配便や回覧板がやって来るかもしれませんよね。私もちょっと前に処分しました。

おしゃれが必要な頻度を把握する

ぼんやりとしか考えてなかったので、改めて書き出してみようと思います。

収納のカテゴリー分けを重要視しない

カテゴリー分けにこだわりがちです。仕事でファイリングをしていると、その考えをプライベートにも持ち込んでしまうんです。
物が多いと収納に余裕がないので、きちんときれいに詰め込みたくなるせいもあると思います。
物を減らして空間が増えれば、カテゴリー分けにこだわらなくても、物がすぐ取り出せるんじゃないかな。



読みやすく、気づきがいくつかあって良かったです(^^)

断捨離パンダのミニマルライフ

断捨離パンダのミニマルライフ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・+++ 心地よい暮らし +++
・すっきり暮らす
・収納・片付け
・断捨離♪


*自己紹介記事は→ こちら

広告を非表示にする