三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

国民年金の保険料免除申請をしました

こんにちは。
3月31日で仕事を辞めて無職になったkuunsirppiです。
失業手当の手続きをしましたが......
kuunsirppi.hateblo.jp
引き続き、国民年金の保険料免除申請をしました。


厚生年金

在職中は厚生年金に入っていました。
(正確に言うと、厚生年金被保険者かつ国民年金第2号被保険者でした)
公的年金の種類と加入する制度|日本年金機構


厚生年金の保険料は給与から引かれていました。
保険料は給与額でそれぞれ異なりますが、私の場合、直近では9等級で27,273円です。
(厚生年金は会社と折半するので、実際に引かれていた額は13,636円。)


国民年金

退職すると厚生年金の加入条件から外れるので「国民年金第1号被保険者」となります。
国民年金の保険料は、平成29年度は16,490円です。
厚生年金より安いけど、自己負担していた分よりは高くなります。
失業した状態でこの固定支出は辛い......


免除申請について

というわけで、保険料の免除申請をしました。
免除されると、将来受け取る年金額を算定するときに影響が出ます(減ります)。
なので、役所では「どうしますか?」と確認されました。
保険料を納めることが、経済的に難しいとき|日本年金機構



受け取る額が減るのは悲しいけれど、そもそも受け取れるか分かりません。
支給開始年齢が現在と同じとは限らないし、その歳まで生きてるかどうかも定かではありません。
不確定なことで今苦しむのは避けたいなと思いました。
ちなみに、免除された分を10年以内に追納する制度もあるそうです。
免除された国民年金保険料を追加で支払いたいとき|日本年金機構


申請に必要なもの

失業を理由に申請する場合、下記のどちらかが必要です。

 
私はまだ受給資格者証をもらっていないので、離職票-1のコピーを提出しました。
役所の担当者がコピーのコピーを取るので、提出したほうは返してもらえました。


年金手帳の提示は求められませんでした(家に置いたままだったのでホッ)。
本人確認書類として運転免許証を提示、書類に押印箇所がありました。


申請を終えて

免除には

  • 全額免除
  • 3/4免除
  • 半額免除
  • 1/4免除
  • 納付猶予

 
があり、所得の状況などで分けられるそうです。
役所で手続きした時点で、どの区分とは言われませんでした。
近日中に通常の納付書が届いても納付はせず、審査結果の連絡を待つようにとのこと。


さらに、国民年金保険料の一年間は7月〜翌年6月までとなっているため、今回の申請は6月分まで。
7月分以降はまた申請が必要とのこと。
(全額免除・納付猶予になった場合、継続希望をしておけば申請せずとも審査してくれるみたい)



ちなみに、失業手当の手続きは人生初でしたが、国民年金保険料の免除申請は2回目です。
1回目は20歳になったとき。学生だったので「学生免除」をしました。
(当時は今の「学生特例納付制度」はなかった)
免除期間が終わったあとしばらく「追納しませんか」と案内がしつこく来ていたのが思い出されます(^^;;



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介記事は→ こちら

広告を非表示にする