三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

【失業手当】雇用保険説明会に出席しました

先週、ハローワークで失業手当(雇用保険の求職者給付)の手続きをしました。
kuunsirppi.hateblo.jp
 
いよいよ雇用保険説明会です。


雇用保険受給資格者証を受け取る

人数は言えませんが、予想以上にたくさん出席してました。ぎっしり。
名前を呼ばれて「雇用保険受給資格者証」を受け取るんですが......プライバシーはないんですね。
知ってる人がいたらどうしよう......と不安を抱えて呼ばれるのを待ってました。
(知り合いは一人だけでした)


資格者証には「基本手当日額」が記載されています。
基本手当日額は「離職時賃金日額」の80%〜45%で、年齢や賃金日額の幅で違ってきます。
低賃金の場合は給付率が高く、高賃金の場合は給付率が低いうえに上限額が決まっています。


ちなみに「離職時賃金日額」は退職直前6か月間の給与を180で割った金額だそうです。
会社が離職票-2に記載している金額を基に計算されるので、離職票をもらった時点で間違いがないか確認しました。
純粋な基本給だけでなく、通勤手当や残業代も含まれています。
(なので、退職前は残業をたくさんしたほうが良いと言う人もいます)


念のため、基本手当日額の計算が合っているのか?確認しました(笑)。
雇用保険の給付額の計算 - 高精度計算サイト
 
当然合っていました(笑)。


初回講習会を受ける

資格者証の配付が一通り終わったあとは「初回講習会」がありました。
これは求職活動としてカウントされます。
担当者から、職業相談の流れや就職支援、再就職手当について説明を受けたあと、30分間のDVDを観ました。
午後だったのもあり、とても眠たかったです( ´・ω・`)


再就職手当は割と詳しく説明がありました。
これは失業手当をもらっている途中で就職した場合に、残日数に応じて手当の70%〜60%が一括でもらえるというもの。
それぞれ、金額のシミュレーションも配られました。
こういう制度がないと「支給期間ギリギリまで就職しない」という人が出てくるからでしょうね。


求人倍率については、都道府県単位では1倍を超えているけれど、事務職は0.5倍とのこと。
厳しすぎる......( ´・ω・`)


不正受給について説明を受ける

初回講習のDVDでも最後に「不正受給は絶対ダメ」という説明がありましたが。
改めて担当者から

  • こういうことをしたら不正受給
  • 不正受給をしたらこういう罰を受ける
  • 実際にあったケース
  • 不正受給は絶対バレます!

という説明がありました。
収入の有無にかかわらず、実家の手伝いをしたとか、ボランティアをしたとか、も申告しなければならなくて。
故意ではなく、うっかり申告せずに不正受給となってしまう場合もあるそうです。
気をつけないといけませんね。


ちなみにそのあと、失業認定の説明でも不正受給の話がありました。


失業認定について説明を受ける

私は3か月間の給付制限がないので、初回認定以降は4週ごとに「失業の認定」を受ける必要があります。
そのときに提出する「失業認定申告書」の記入方法などの説明がありました。


国民年金の説明を受ける

「退職したら国民年金の手続きが必要ですよ」という説明がありました。
私はすでに手続き済みです。
kuunsirppi.hateblo.jp
 

説明会を終えて

2時間ありました。
人数ぎっしりの中、だんだん気分が悪くなってしまい、心の中で「倒れたらどうしよう」→「気にしない気にしない」を繰り返す始末。
私、大勢がギューっと集められた中にいると気分が悪くなってしまうことが多々ありまして......
実際に倒れたこともあるので、余計に「倒れたらどうしよう」となるんですよね。
今後、セミナーとか受けるとき、大丈夫かなぁ......


ツイッターで不安をつぶやいたら、キキさんが掬い上げてくれました。


自然音を聞いたら寝落ちすると思うので、今夜寝るときにやってみます。
キキさん、ありがとうございます(*´ω`*)


次は、二週間後に初回の失業認定です!



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介記事は→ こちら

広告を非表示にする