読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

私が生きづらく感じる理由のひとつはHSPかもしれない

愚痴の聞き役

私はよく愚痴を言います(汗)。
でも、それ以上に愚痴を聞かされることが多いと自覚しています。
家族はおいといて、職場の人、友人、子ども絡みの知り合い(ママ友)。
今は失業中だけど、働いていたときは職場で過ごす時間が長く、同僚の愚痴を聞かされることが多かったです。
退社後、メールで相談?みたいなのがくることも結構ありました。
ちょっと前まで、先月退職した職場の元同僚からも愚痴メールがきてました。
kuunsirppi.hateblo.jp
 

愚痴を聞かされるたびに親身になって、一緒に腹を立てたり落ち込んだり。
代わりに行動することさえありました。
振り返ると、テレビで悲しい事件のニュースを見ても、被害者やその家族の辛さを想像して胸が痛くなったり、場合によっては加害者の家族の心情に思いを寄せてしまうこともあります。


そういう自分は特別ではなくて、誰でもそうだろうと思って生きてきましたが、近ごろどうやら違うみたいだと。
私は、他人のことに感情移入して自分のことのように心を消耗させてしまう傾向があるようだと。
ツイッターでねこのこさんとお話ししていたら「HSP」というのがあるのを知りました。


HSPとは?

Highly Sensitive Person(ハイリー センシティブ パーソン)、日本語だと「高度に感受性の強い人・敏感な人・繊細な人」。
病気ではなく、特性で、下記記事が詳しくて分かりやすいです。
www.pojihiguma.com
 

自己診断テストをやってみたら

HSP研究者エレイン・アーロン氏による23個のチェック項目に答えてみました。
14項目以上当てはまれば、HSPの可能性が高いそうです。


私は19項目に当てはまりました。
チェックしなかった4項目は「全く当てはまらない」わけではなく、「あまり当てはまらない」「自分ではよく分からない」です。


驚いたのは「空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる」。
自覚したのは小学生の頃です。お腹が空くと物事が手に付かないし、しゃべるのも嫌、しまいには手が震えて箸も持てなくなる。
大人になってから「低血糖の症状」だと認識しました。
もちろん、そうだと思いますが、HSPも関係しているなんてびっくり。


あとは、小さい頃から、親から「疳の虫が強い子」「神経質な子」と言われてきました。
よく「ひや・きおーがん」を飲まされていたようです。
www.hiyakiogan.co.jp

ちなみに「刺激追求型HSP」というのもあるそうですが、私は当てはまりませんでした。
また「HSC(Highly Sensitive Child)=ひといちばい敏感な子」のテストをしてみたら、息子は当てはまるようです。
 

まとめ

自分がHSPかもしれないと知ったとはいえ、これは病気ではないので治療法とか薬とかはありません。
また「私はHSPなんだ!」と開き直って図太く生きていくことも、HSPゆえできないでしょう(^^;;


気をつけたいのは、

うつ病病前性格の1つに几帳面で責任感の強い『メランコリー親和型』というものがありますが、そこにHSPの特性が加わると敏感に感じ取った人の感情にまで責任を持とうとしたりもします。
敏感で繊細な人-HSPの特徴とチェック、向いてる仕事と改善法

これですね。
私は周囲から「几帳面」「責任感が強い」と言われることが多く、責任感の強さは自覚しているので。
 

これからどうやって生きていったらいいのか、まだ答えは出ていません。
調べて考えたいと思います(熟考する特性?)。
そしていい塩梅のスルースキルを身に付けられたらいいなと思っています。



▼スピリチュアルっぽい話が苦手でなければ、こういう記事も書いてます。
kuunsirppi.hateblo.jp
kuunsirppi.hateblo.jp
 


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介記事は→ こちら

広告を非表示にする