三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

机の引き出しを改良してみた話

こんにちは、kuunsirppiです。
 

私が自室で使っている机

木製で、中学生の時に学習机として両親から買ってもらいました。
私が希望したわけではなく、小学校時代に使っていたスチール製の学習机を父が使うことになり、私が学校へ行っている間に母が選んで父が買いました。
天板を開けると鏡になっているので、本来の用途はドレッサーです。
実際にドレッサーとしても使っていましたが、机の上に物を置いておけないので、現在は天板を開けることはありません。
 
この机、幾らだったのか全然分かりませんが、表から見えない部分は「木」そのもので、引き出しの開け閉めをするたびに木が削れて、引き出しの中に木屑がたまっていくのがストレスでした。中学生の時から(!)
 

キクイムシ

調べてみると、引き出しに木屑がたまるのは、開け閉めで削れるだけが原因じゃないようで。
matome.naver.jp
とにかく虫が苦手な私は想像するだけで冷や汗タラタラ心臓バクバク......
成虫も幼虫もこの目で見た記憶はないんですが、引き出しをひっくり返して虫が出てきたらどうしようと思うと、なかなか踏み切れず。
でも、引き出しの隅っこだけでなく、中に入れてる物も木屑まみれになってしまうので、思いきってニスを塗ってみることにしました。
 

ニスについて

ニス塗りって、小学生の図工の時間でやって以来です。
図工は苦手で、ニス塗りも苦手だった記憶しかないので、調べました。
saketorock.com
ニスは

  • 水性ニス
  • 水性ウレタンニス
  • 油性ニス

の3種類があります。
今回は表から見えないところへ塗るので、水性ニス・水性ウレタンニスで良さそうです。
 

 

ニスを買う

まずはホームセンターへ行ってみました。
用途や塗る物の色によって、たくさんのニスが置いてあります。
スプレー式は室内で使いたくないし、なるべくスプレー缶を持ちたくないので却下。
 
となると、液状になりますが、大型のホームセンターへ行ってしまったため、扱っている物も大きい物ばかり。どう考えても使いきれません(DIYの趣味がないし)。
結局、ダイソーで水性ニスとニス用刷毛を買いました。216円なり。
 

塗布作業

乾燥時間も考えて、晴れた日の午前中に作業開始。
窓を開けて扇風機を回して、暑くてもマスクは必須!
引き出しを取り出すと、机本体の奥に木屑が3mmほど積もってました;
(引き出しの奥行きが短いため、デッドスペースがあります)
 
中身を全出しして、恐る恐る引き出しを裏返してみたところ、虫がいる気配はなく、ひとまずホッ。
穴のような丸い傷もいくつかありましたが、直径は1mmあるかないかで、引き出しの板を突き抜けていません。
キクイムシではありませんように......と祈るばかり。
 
表から見えないところに塗るので、仕上げに綺麗さは求めていません。
なので、サンドペーパーはかけずにいきなり塗り始めました。
小学生の頃の記憶では、もっとこうツヤツヤコーティング感が強かったような。
ニスの種類によるのかな? サンドペーパーをかけてないせいかな?
ツヤ感が少なくて、今どこまで塗ったっけ?と分からなくなるほど。
 
それでも、一度目を塗って、乾燥待ちの間に中身の片付け。
二度目を塗って、夕方、中身を戻して机本体にセットしました。
 

思わぬ落とし穴

そして夜、引き出しに入れてあるスキンケア用品を取ろうとしたところ、引き出しが開かない!
水性ニスは乾いた後も弱付着性が残るとありましたが、その通りでした。
今までより強めにグイッと持ち手を引っ張り、角度をつけて引き出そうとすると開きます。
なので、完全にくっついたわけではありません。
慣れれば平気かも、と様子と見ることにしましたが、やはりサッと開かないのはストレス。
 

今度はロウを塗る

2日間で限界がやってきました(笑)。
引き出しが滑らない時はロウを塗ればいいよね!
ということで、家にあったロウソクを擦り付けてみました。
 
今度は簡単に開きます。
滑りが良すぎます。
2日間で強めに開ける癖がついてしまい、引き出しごとスポーンと(笑)
中身をぶちまけました。気をつけねば......
 


今のところ、木屑は落ちていません。
このまま様子を見たいと思います。
もし今後、机を買い替えるような場合は、見えないところの仕上げまでチェックするか、引き出しだけでも木製以外のものにしよう。
 


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介・お問い合わせは→ こちら

広告を非表示にする