三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

自己肯定感を高める方法:その3 試行

昨日の続きです。

自己肯定感が欠落している私は、自己肯定感を高める方法について書かれている記事を読んで、気持ちが少し楽になったので、記事の中で紹介されていることをやってみようと思いました。
※読んだ記事はブログ「ココッチィ」の「自分が嫌いな人へ。自殺未遂を繰り返した彼が自己肯定感を高めた3つの方法」です。リンクは昨日の記事に貼ってあります。
 

心の整理

まずは、自己否定の理由について、心の整理をしようと思いました。
「親から肯定されなかった」「元夫に否定されまくった」ことについて、具体的に書き出して、そのときどう思っていたか、本当はどうしてほしかったのか、自分の気持ちと向き合わなければなりません。
思い出すことで、悲しい気持ちも蘇ってくるでしょう。辛い作業になるでしょう。
 
とにかく、淡々と書き出しました。
もしかしたら記事にするかもしれないと思い、はてなブログの下書きに。
 
物心ついてから、親に甘えた記憶も抱っこしてもらった記憶もないなぁと思い出しました。
ふと気付いたのは、私には「甘えたい」「抱っこしてもらいたい」「褒めてもらいたい」という欲求がなかったみたい。
だから「してもらえない → 悪いことをして注目を引きたい」という気持ちにもならなかった模様。
まぁ、悪いことをしたらこっぴどく怒られて面倒なことになるのは分かっていましたから。
 
そして、書いていくうちに、だんだんと面倒臭くなってきました(汗)。
今さら親に褒められたいわけではないし、元夫から謝罪されたいわけでもないし、着地点がよくわからないんです(汗)。
結局、書き出しは途中で止めました。
下書きのおしまいの部分だけ、この記事に書き写します。↓↓↓
 

親から褒められなかったのは事実で、その事実は変えようがない。
過去に戻ることもできないし、記憶をすり替えることもできない。
そして、今さら親に褒められても、過去の事実を上書きすることはできない。
(私は褒められたいと思っていなかったから)
 
元夫から否定され続けたのは事実で、その事実は変えようがない。
過去に戻ることはできないし、記憶をすり替えることもできない。
(元夫との生活に戻るなんてまっぴらごめんだ)
そして、今さら元夫に謝られたとしても、過去の事実を上書きすることはできない。
 
全部、過去のこと。
認めても考えても悩んでも、今は何も変わらない。
過去の私、栄光も挫折もお疲れ様。
記憶は無くならないから、また時々思い出すかもしれないけど、懐かしむだけにしておこう。
 
思い出したら、
はい、過去を思い出した。懐かしい。終わり。
と終わらせることにしよう。
 
今を生きよう。
 

自己愛の復唱

「私は私のことが好き」と声に出して10回唱えます。
ココッチィの記事ではリマインダーをセットして定期的に唱えるようにしていたそうです。
私は、ボーッとして我に返ったときや、ネガティブなことを考え始めたときに唱えるようにしました。
 
始めたときの私は自分のことが大嫌いなので「私は私のことが好き」なんて大嘘を声に出して言うのは戸惑いがありました。
が、棒読みでもいいと書いてあったので、本当に棒読みで指折り数えながら、まるで「なまむぎなまごめなまたまご」を言ってるような感じで唱えました。
 
これはいろんなことで使われる「脳をだます」方法ですよね。
「私は私のことが好き」と何度も声に出すことで、脳がそう思い込んでしまう。
継続したのはひと月ほどでしたが、ちょっと効果があったと感じています。
(絶大な効果を得るためには、やはり1日の中で定期的に、そして3か月は続けたほうがいいと思います。)
 

4行日記を書く

事実・発見・教訓・宣言を書く4行日記。
その存在は随分前に知っていました。
何度かやってみようと思いましたが「発見」がどうしても書けなくて、そのあとの「教訓・宣言」ももちろん書けません。
今回もアプリをインストールしてみましたが、無理でした。
たぶん向いてないんだろうなと思います。
無理して新たなストレスが生じたら意味がないので、これは諦めました。
 

自分をご機嫌にするリストを作る

ネガティブな感情を抱いたときに見る、自分で自分のご機嫌をとるリスト。
ちょっと前に「コーピングリスト」をよく見かけましたが、私は作りませんでした。
リストに書いてあることがどれも実行できないと、またストレスやネガティブな感情が溜まってしまうから。
でも、この「自分をご機嫌にするリスト」は
 

リストを見ながら、頭の中で想像するだけで幸せな気持ちになるリスト

 
なので、動詞じゃなくてもいいんです。
 

私は手帳のメモページの最後に書きました。
一部を紹介すると......
 

 
こんな感じです。
「花を見る」「ハーゲンダッツバニラを食べる」などと書くと、実行できないときにストレスが生じるので、名詞にしました。
ときどきリストを眺めてニヤニヤしてます(笑)。
(リストを全部紹介すると個人が特定される可能性があるので、ごめんなさい)
 


そして、ひと月経ちました。
自分でも以前より前向きになってきたなと感じています。
息子のことでいろいろ起こってますが、以前よりもクヨクヨ引きずらなくなっているんじゃないかと思います。
 
でも、少し引っかかりがありました。
面倒臭くなって、考えるのを止めてしまった過去のこと。
まだ心の隅っこでくすぶっているようです。
(かなり長くなってしまったので続きはまた明日書きます)
 


▼その1はこちら。

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介・お問い合わせは→ こちら

広告を非表示にする