三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

嫌われる理由(後編)

こんにちは、kuunsirppiです。
私は「思い当たる理由がないのに嫌われている」と感じることがあります。
前編では主に学生時代〜30代半ばごろまで関わってきた特殊な競争世界での出来事についてお話ししました。
「苦労せずに才能だけでうまくいっているように見える」って、苦悩している本人からしたら「なんじゃそりゃ」な理由です。

 
後編は、20代〜40代の職場での出来事についてお話しします。
長くなってしまったので、時間と興味のある方に読んでいただけたら...と思います(^^;;
 

20代後半のころ・D子

販売業の会社で事務員をしていたときの話。
本社の本部事務に所属していたのは女性ばかり6名。
事務長、主任、パートさん、D子(20代前半)、私、高卒新人さん。
 
私は本部事務に所属する前に、支店で2か月ほど接客と現場事務の研修を受けていて、ときどき本社からやって来るD子とは顔見知りになり、普通に話していました。彼女は明るくハキハキしていて、ちょっと気が強そうな感じ。
 
私が本部事務に異動するとD子の態度が豹変。私に対してだけ、あからさまに態度が違います。
私と高卒新人さんでD子の席を挟むようにして、D子が二人を指導する形になっていましたが、私に対しては怒り口調。
ひどいときは質問に対して「知らない!!」「考えなくていい!!」「やらなくていい!!」と答えてくれないことも。
もちろん、みんなに丸聞こえですが、事務長・主任・パートさんは何も言いません。
しばらくして、みんながD子を腫れ物のように扱っているのが分かりました。
 

D子がいないときに事務長から呼ばれて、↓のように言われました。

ごめんなさいね、D子さんひとりが若くて周りからずっとちやほやされていたの。歳の近いkuunsirppiさんの存在が面白くないんだと思う。彼女にも話はしたんだけどね

kuunsirppiさんは、お願いした仕事を必ず『はい』と引き受けてくれるから助かってるの。D子さんの態度は辛いかもしれないけど、頑張ってもらえないかしら

※みんなが腫れ物のように扱っている理由も教えてもらいましたが、ここに書ける内容ではないので割愛します。
 
つまり、D子は若い+ある事情からみんなに大事にされてました。
お姫様だったわけです。
そこへ、二人も新人が入ってきました。
ひとりは高校卒業したばかりで右も左も分からないおとなしい子なので、D子にとっては無問題。
もうひとりは社会人経験があり、忙しい現場で一通りの研修を受けて、それなりに即戦力がある状態だからさあ大変。
 
まあ、自分の立ち位置を守るのに必死だったんだと思います。
それにしても、あまりにもひどい態度で、私も結構辛かったです。
本部事務には「支店回り」という、車で6店舗を回る業務があったんですが、私は率先して行ってました。これをやると午前中は職場にいなくて済むので......
そして半年ほど経った頃、私は新しくオープンした支店へ異動になり、D子と離れることができました。
 

30代前半のころ・E子

専業主婦から社会復帰して、IT関連サービス業で働いていたときの話。
所属部署のメンバーは女性5名、男性1名。
マネージャー、チーフ(男性)、入社2年目のE子(20代前半)、E子の同期(20代前半)、私、私の同期(20代後半)。
二つの支店を6名で回してました(シフト制)。
 
私と同期の新人二人は、マネージャーにくっついて、二つの支店を行ったり来たりしながら研修を受けていました。
研修が終わり、勤務支店を固定することになり、通勤距離の関係から、

  • マネージャー・E子の同期・私の同期
  • チーフ・E子・私

という組み合わせになりました。
 
E子は活発で口が達者な子、というイメージ。
研修中にE子とシフトが重なることがなくて全然接したことがなかったのですが、最初からE子に嫌われてました。
「kuunsirppiさんのことが嫌いです」オーラを全面に出していたんです。
シフトが重なっても口もきいてくれない、質問しても「研修で習ってますよね」の一言。
 
3人でミーティングの機会があり、私は思いきってE子に言いました。
「私はE子さんと協力して、お客様に良いサービスを提供していきたいと思っています。でも、現状は雰囲気が良くないですよね。E子さんが私のことを嫌いなのは分かってるけど、仕事は協力してできませんか?」
E子の答えは「できません」でした......
 

心が折れそうになりながらも、やっと採用してもらえた会社なので、辞めるわけにはいかないと踏ん張っていました。
ある日、社長から呼ばれて言われたのが、

E子さんがあなたを嫌いなのは、あなたが幸せそうだから

kuunsirppiさんが入社した日に、皆の前で挨拶したのを見た瞬間から嫌いになったらしい。結婚していて子どももいて幸せで、全然苦労してなさそうな人だから。彼女は母子家庭でほとんどおばあちゃんに育てられて、いろいろ辛い思いをしているから妬んでるんですね

※入社日の挨拶は、普通に「kuunsirppiと申します。3歳の子どもがいます。急に休むことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします」と言っただけです(。-_-。)
 
私、返す言葉がなかったです。
当時の私は、元夫との離婚を考えていて、でも求人に応募しても受からなくて、心療内科に通院して抗うつ薬を服用していました。
幸せか?と聞かれたら「幸せではない」と答えていたでしょう。
薬がよく効いていたので、躁っぽい=幸せそうに見えたのなら仕方ないかもしれませんが......
 
E子がどうしても私と一緒に働きたくないと訴え続けて、組み合わせが変わりました。

  • マネージャー・私・私の同期
  • チーフ・E子・E子の同期

平和になりましたが、ある事情でE子の同期が辞めて、私が再びE子のいる組へ移ることに。
そうしたら、なんとE子は「じゃあ辞めます」と退職してしまいました。
 

これは偶然なんですが、E子が退職した直後に私はやっと離婚しました。
マネージャーがわざわざそのことをE子に報告したそうで、E子から私への伝言を聞かされました。

kuunsirppiさんは幸せだと思ってました。いろいろ大変だったんですね。kuunsirppiさんのこと、許します

幸せそうで嫌いだった人が実は幸せじゃなかったから許す?????
その後、近くに用事があったからとE子がやってきたとき、私は作り笑顔で「あら〜、元気そうですね」と言うのがやっとでした。
 
※この話は、社長やマネージャーのことも突っ込みどころ満載ですよね。この二人のおかげで、この職場は私の人生ワースト2位です。詳細は割愛します。
 

30代後半のころ・F子

上の話の職場を辞めて、別のIT関連サービス業で働いていたときの話。
私は前の職場で培ったスキルを買われて、即戦力を期待されて採用となりました。
人数が結構多いので、メンバー構成は割愛します。
8時〜17時・14時〜23時の二交代制、年中無休なので休日もシフト制。
私は息子が保育園児のため、8時〜17時のみ勤務、日曜はできるだけ休み。その代わり、アルバイト待遇(時給は最低賃金社会保険なし)。
 

F子は19歳、通信制高校で勉強しながら働いていました。部署内で一番年下だけど、ハッキリ物を言うタイプ。
私とシフトが重なることが多かったんですが、彼女が私のことを嫌っているのは薄々感じていました。
言葉の端はしが攻撃的で、私と二人体制になった日にわざと欠勤して(しかも7時59分に「具合が悪いので休みます」と連絡してくる)嫌がらせしたり、彼女もまた周囲が気付くほど分かりやすい行動を取り続けました。
 

リーダーが理由を問いただしたところ

kuunsirppiさん、ずるいです。私はここで1年働いてきてやっとできるようになったことを、kuunsirppiさんはすぐできてる

あの......私は30代後半ですよ? 19歳のF子より人生経験も実務経験も積んでて当然、できて当然ですよ?
→ これはリーダーが同じようなことを諭したらしい。
 

それに、kuunsirppiさんだけ遅番がないのはおかしいです。日曜日も優先的に休んでてずるいです

あの......私はみんなと違ってアルバイト待遇なんですよ? 業務内容は同じだけど、給与は全然違うし、社会保険も入れないんですよ?
さらに、日曜保育は別料金なんですよ?
→ 私の給与額をF子に話したら、あまりの低さにショックを受けて「可哀想すぎる、ごめんなさい」と謝罪されました。
 

40代前半のころ・G子

3月に辞めた職場での話。
事務員は女性ばかり、正社員1名(30代後半)、フルタイムパート5名(50代後半2名・私・30代半ば2名)。
私と30代半ばの2名は月をずらして一人ずつ入社して、なんとなく「同期」みたいな雰囲気でそれなりに助け合っていました。
内ひとりを正社員が執拗にいじめていて、私ともうひとりも余波を受ける感じで結構な嫌がらせがありました。
ただ、私から見ると、いじめっ子正社員は「可哀想な人」だったので、どうでもよかったです(^^;;
(自分が嫌がらせをされるのは平気だったけど、ひとりが執拗にいじめられてるのを見るのが辛かった)
 

G子は、私と一緒に余波を受けていたひとりです。行動が素早く、戦略的に空気を読まないタイプ。
助け合っていましたが、でも、いまだに彼女が私のことを本当はどう思っていたのか、分かりません。
私によく愚痴話や相談めいた話をしてくれました。
「kuunsirppiさんが『うん、うん』って聞いてくれるから、すごく話しやすい」と何度も言われました。
でも、ときどき無言の圧力を感じることがあったんです。
うまく表現できませんが......
 

私に対して分かりやすい嫌がらせをしてくるのは、いじめっ子正社員のほか、営業マンの男性正社員(理由が明確なので記事にはしません)もいました。
ただ、ときどき犯人不明の嫌がらせを受けることがあって......
一番怪しいのは、いじめっ子正社員&営業マンの二人なんですけど、私の中ではG子も疑わしいひとり。
理由や詳細はちょっと書けません、ごめんなさい。
もし、G子が私のことを嫌っていたとしたら、その理由はたぶん、D子・E子・F子と同じだと思います。
 
※ちなみに、この職場は私の人生ワースト3位です。
 

まとめ

前編の競争世界とは全然関係ない、職場において「思い当たる理由がないのに嫌われた」話をお送りしました。
F子のときは「またか......私、この手の年下から嫌われちゃうんだなぁ」と実感しました。
気が強くて、私より先に入社している年下女性。
再就職したら、また同じようなタイプの人から嫌われて攻撃されるのかなぁと思ってしまいます。
 
私、自分のスキルや経験をひけらかすようなことはしてない(はず)です。
何より平和主義だし、目立とう精神ゼロだし(どちらかと言うと空気のような存在でありたい)。
だけど「右も左も分かりません」と言うわけにもいきません。
人生経験も実務経験もあり、それを買われて採用されてるわけだから。
自分では目立たないように空気を読みながら行動してるつもりだけど......難しいですね(><)
だからと言って、未経験の業務に飛び込む勇気のない私です。
 
そういえば、よく「褒める」人っていませんか? 些細なことでも褒めるのが信条の人。
悪いけど「人前で褒めないでくれ〜〜」と思ってしまいます。
妬まれる原因になるので......って、哀しいですね:(

 

書いていたら、何日もかかってしまい、長くなったのをまた削り......それでも、こんなに長くなってしまいました。
読んでいただき、ありがとうございます。
ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです(^^)
記事下のコメント欄・はてなブックマークTwitter(リプライ・DM)お問い合わせフォーム、どれでも大丈夫です;)
 

▼前編はこちら。

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介・お問い合わせは→ こちら

広告を非表示にする