三日月と私とiPhoneと

身軽になりたくて断捨離中な日々のつれづれ

Bluetoothイヤホンを選んだ経緯

こんにちは、kuunsirppiです。
スポーツジムで周囲が気にならないように、Bluetoothイヤホン「TaoTronics TT-BH07」を買いました。

たくさんのイヤホンがあり、いくつか検討しましたが、今日は選んだ経緯について書きます。
 

検討したイヤホンたち

最低条件の

  • 5,000円以下(できれば3,000円前後)
  • イヤホン同士がコードでつながっているもの(完全ワイヤレスではないもの)
  • 防水・防滴対応のもの

で絞り込んだのがこれら↓↓↓
 

  • Anker
    • SoundBuds Sport NB10
    • SoundBuds Tag
    • SoundBuds Slim
  • QCY
    • QY8
    • QY19
  • TaoTronics
    • TT-BH07
    • TT-BH16
    • TT-BH026
  • JPRiDE
    • JPA1 MK-II
  • SoundPEATS
    • Q12
    • Q30
    • Q800
  • AUKEY
    • EP-B40

 

Anker

iPhoneのLightningケーブル、USB充電器、モバイルバッテリー、Bluetoothキーボード、Bluetoothスピーカー(息子用)......うちにはAnker製品が結構あります。
一番最初に買ったのは、モバイルバッテリーだったと思います。シンプルで使い勝手が良いし、ブログ記事も多く上がっているので(不明点があっても検索すればたいてい解決する)、ガジェットで悩んだらAnker買っとけばいいんじゃね?程度のAnker信者です(笑)。
なので、今回も最初はAnkerのイヤホンを買おうと思っていました。
 

コードを首の後ろに垂らすのではなく、クリップで後頭部にフィットさせるのが珍しいなと思いました。
 イヤホンのマグネットを離すと電源ONになり、くっつけると電源OFFになるそうです。
 ごく普通のタイプです。
 

AUKEY

「Aukey」と表記されていると「Anker」と見間違ってしまうのは私だけでしょうか(^^;;
ごく普通のタイプだと思います。
 

悩む

ネット検索

Bluetoothイヤホンのおすすめを検索すると、5,000円以下・スポーツシーンで使えるものは

・TaoTronics TT-BH07
・SoundPEATS Q12

この二つを推す記事が圧倒的に多かったです。
 

Amazonレビュー

私が候補に挙げたイヤホンたちは3,000円前後で買えるものばかりですが、高評価ばかりではなく、低評価もつけられています。

初期不良 → 交換した商品も初期不良
・数日〜1〜2か月で故障した
・音が途切れる(飛ぶ)
・動画やゲームで遅延が起こる(イメージとしては「いっこく堂」みたいな感じ?)
・音質が悪い
・通話時に雑音が入る
・接続が切れやすい
・充電が持たない
・耳からすぐ外れる
・音声ガイドがうるさい
・サポートの対応が悪い

といったレビューは、どのイヤホンにも見られます。
 

壊れやすいのはイヤ

いくら保証期間があると言っても、返品交換は面倒くさいし、何よりせっかく買って届いた商品が不良品だったらガッカリしますよね。
「このメーカーからはもう二度と買わない」と書きたくなる気持ちも分かります。
 
私も以前、某メーカーのスピーカーを購入したら、一週間で故障してしまいました。
国内の有名メーカーでしたが、対応はお粗末としか言えないものでした。
最終的には交換になりましたが、後味が悪かったです。
なので、そういう思いはあまりしたくないんですが、不良品ゼロというのは難しいだろうし、そのあとの対応次第なのかなと。
 

音質はこだわらない

昨日の記事にも書きましたが、私はイヤホンやスピーカーの音質にこだわりがありません。
高音域・中音域・低音域......気にしません(^^;;
雑音や「サー音」が入らなければOKです。
FM放送が始まったとき、ステレオ放送を初めて聴いてビックリしたなー。
カセットテープの「サー音」に慣れすぎて、初めてCDを再生したときはサー音がなくてビックリしたなー。

 

防水・防滴は大事

スポーツシーンで使うと言っても、私はたぶん滴るほどの汗をかくことは無さそうですが(^^;;
レビューを見ていても、汗で壊れたのではないかと思われるものが多い印象を受けました。
 
3,000円前後のBluetoothイヤホンの多くは防水等級が「IPX4」=「防沫形(飛沫から防ぐ)」です。
たぶん、これで事足りるんだとは思うんですが、もう絞りきれないので「IPX5」=「防噴流形(噴流水から防ぐ)」のものを選ぶことにしました。
3分で分かる、「防水機能」の基礎知識 - 日経トレンディネット
  

絞り込んだ結果

候補の中で「IPX5」となっているものは、

  • Anker
    • SoundBuds Sport NB10
  • TaoTronics
    • TT-BH07
    • TT-BH16
    • TT-BH026

の4つです。
 
軽い信者としてはAnker製品を捨て切れない気持ちがありましたが、コードを後頭部で固定するのがどうなのかなーと。
TaoTronicsの3つはどれを選んでも変わらないような気がしつつ、こちらの記事で「スポーツシーンで使うなら」と推されていたTT-BH07に決めました。
www.goodgoodlife.xyz
 

完全ワイヤレスを選ばない理由

AirPodsを始め、イヤホンが独立している完全ワイヤレスがいろいろ出てますよね。

私の通っているスポーツジムでも、完全ワイヤレスイヤホンを使ってトレーニングしている方を見かけます。
興味はあるけど、落として失くしそうなので(^^;;
 


そんなわけです。
今日は、昨日よりは耳の痛みが緩和されました。そのうち慣れるのかなー。
 


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
トラコミュ
・暮らしの見直し
・徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)


*自己紹介・お問い合わせは→ こちら

広告を非表示にする